HOME >  青山フラワーマーケット H.ENDO

青山フラワーマーケット
ブランドマネージャー
H.ENDO

仕事内容

青山フラワーマーケット全体のマネジメントを担当しています。各店舗と密にコミュニケーションを取ることを大切にしています。お客様にとって魅力的なブランドであるために、「視野を広く持ち、考え抜き、チームを成長させる」ことを軸として、主体性の高い人材の育成や店舗経営面における店長のフォロー等行っています。

入社理由入社前は、家具職人を目指して学んでいました。
より多角的にインテリアについて学ぼうとしていた時に、17歳の頃に見たインテリア雑誌の中の、花屋のヴィジュアルが蘇りました。花や緑が、より多様性のある素材であることに気づくきっかけとなった、その雑誌に掲載されていた花屋。それが青山フラワーマーケットでした。そして、自分の感性を広めたい想いが選んだフィールドは、”Every Day“の花。
この想いを自覚してから入社までは間もなく、ショップスタッフ、ショップマネージャーを経て、現在はブランドマネージャーとしてパートナー一人一人の意欲・成長が最大化するための環境をつくり、支えることに努めています。

夢、目標一人でも多くの方に、花や緑に対して本来持っている感性を感じてもらい、心ゆたかな時間や空間をお届けしたい。
会社のSpiritに共感するパートナーたちそれぞれの強みを活かし、自分たちにしかできない事で「世界一のチーム(花屋)」を目指しています。
10年後には、すべての人にとって、五感を使う日常の行動として花や緑を楽しむ生活が当たり前になっているように、その存在価値を高め、そして伝え、広めていきます。
より便利に進化する社会の中で、時代の流れに相反する私たちの自然に対する感性は、きっと、より多くの物事を解決する方法・考えやきっかけに繋がっていくと信じています。

趣味、休日の過ごし方ありのままの自然の情景が好きで、そんな場所でやる釣りが大好きです。 最近は、その中でも難しい釣り方を選び、楽しんでいます。 なぜなら、沢山釣れたときよりも、いかに難しい釣れ方をしたときに、自分自身がより感動するかに気づいたからです。ハードルを高くすることで失敗も多く、結果が出ない時にこそ学ぶ事も多いため、要した時間の分充実度も高まります。 そして、自然の多い所に身を置いて得た感動、経験などの精神的なインプットは、花を通して伝えたい自分の想いと感性を高め、お客様へのアウトプットの原動力にもなるのです。

ページ上部へ